建長寺法堂 特別公開   

  

 

保存修理工事が終了した法堂(はっとう)には「雲龍図」がその天井に掲げられております。鎌倉在住の日本画家、小泉淳作画伯の筆によるこの「雲龍図」は縦約10M、横約12Mに及ぶ巨大な画であり、一年以上かけて建長寺寺務所2階の大広間にて制作されました。古来、住持が仏法を講義する法堂の天井には龍が描かれてきました。水に縁が深く、雨を呼ぶといわれる天井の龍が修行僧に法の雨(仏法の教え)を降らせると考えられていたからです。また、小泉画伯は京都建仁寺法堂の「双龍図」も手懸けており、こちらは一足先に公開されております。

 「雲龍図」は建長寺の創建750年を記念して横河電機、日本経済新聞社の多大なる協力のもと制作されており、平成12年にはひとまず完成して龍王殿(方丈)にて3日間一般公開されました。また、法堂保存修理工事竣工を記念して平成14年10月30日に雲龍図点眼法要そして翌日より11月10日まで龍図一般公開を行い大勢の方々にお越しいただきました。

 創建750年にあたる平成15年には様々な行事を通じて皆様にご覧いただきました。

 創建753年目を迎えた本年も下記の日程にて雲龍図特別公開を致します。皆様お誘いあわせのうえ、どうぞお参りください。

 

 

建長寺法堂 特別公開

 春の特別公開 4月29日(土)〜5月7日(日)

                午前9時〜午後4時

  

 建長寺拝観料  大人(高校生以上)300円

         小人(小中学生) 100円 

  

戻る