開山大覚禅師法語規則

        
鞭影ヲ見テ後ニ行クハ即チ良馬ニ非ラズ訓辞ヲ待テ
                            
志ヲ発スルハ実ニ好僧ニ非ラズ、諸兄弟同ク清浄ノ
            
伽藍ニ住シテ己ニ飢寒ノ苦シミ無シ當ニ此ノ事ヲ以
  
テ茲レヲ念フコト茲ニ在ルベシ、若シ眼光将ニ謝セ
         
ントスルノ時、其ノ害甚重シ、所以ニ古人道ク直
  
ヒ汝諸子百家三乗十二分教ニ通ズルモ汝ガ分上ニ於
      
テ並ニ済フコトヲ得ズ、若シ無漏ノ道ヲ体メバ現在
         
當来、誠ニ廣益ヲ為サン、且ツ無漏ノ道、作モ生カ

体メン、毎日一箇ノ屍骸ヲ施イテ上々下々喜笑怒罵

更ニ是レ阿誰ソ百人ノ中、真実此ニ於テ頭ヲ回ラシ

返照スル者鮮シ、纔ニ不如意ノ事有レバ便チ瞋詬シ
          
テ行ク、此ノ如キノ者何ゾ止一二ノミナラン、参禅

辨道ハ只此ノ生死大事ヲ了センガ為ナリ、豈ニ沐浴

放暇ノ日モ便チ情ヲ恣ニシテ懶慢ス可ンヤ、長老首
        
座区々トシテ力メ行テ誰ガ家ノ事ヲ為スト云フコト
        
ヲ知ラズ、佛袈裟ヲ挂ケ信施ノ食ヲ受ク苟モ見処無
     
クンバ佗時戴角披毛千生、万劫佗ニ償ヒ去ルコト在
       
ラン、今ヨリ後、沐浴ノ日モ昏鐘鳴ヨリ二更ノ三点

       
ニ至リ四更ニ転シ暁鐘ノ時ニ至ルマデ並ニ座禅ヲ要
          
ス、堂ニ皈セズ寮ニ趣ク者ハ罰シテ院ヲ出サン、堂
         
中行フ所ノ事略一二ヲ呈ス、各々宜ク自ラ守ルベシ、
   
此ノ規ヲ犯スコト勿レ、謹シンデ屯ニ奉聞スル的文

具ニ非ズ、

            住山 蘭渓道隆 白ス